病院

育児の問題と体の問題

妊娠は夫婦の間の行為もあれば、それ以外の男女間の行為の時もあります。育児などが難しい時には、中絶手術を選択しないといけないときもあります。妊婦や胎児の健康上の問題から医師などに勧められて判断するものもあります。

詳しく見る

指定医のいるクリニックを

診察

親身な対応とサポート体制

東京で中絶を希望する場合には、母体保護法に基づく指定医を探さなくてはなりません。東京にあるどの産婦人科や婦人系のクリニックでも対応できるわけではないので、クリニックを選ぶ際には法律上、中絶ができる母体保護法指定医がいるかをよく確認しましょう。中絶は妊娠してからの日数が長くなるほど、母体への影響が高くなるため、妊娠して22週を超えるとできなくなります。万が一、どうしても中絶したいといった弱みにつけこんで22週以降でも可能というところが東京にあった場合、それは法律違反であるか、指定医の名を騙ったニセの医師である可能性があるので信用しないようにしましょう。東京で中絶をしようという場合、その多くの方が何らかのトラブルや辛さ、苦悩などを抱えていることでしょう。そのため、人の優しさや温かなサポートがとても欲しくなる時期でもあります。中絶をしようかどうか、ギリギリまで気持ちが揺らぐ方も少なくありません。そのため、事務的に対応してり、中絶することに対して何か冷たく感じる対応をとるところではなく、気持ちに寄り添って親身に対応してくれるクリニックを選ぶことがおすすめです。電話やメールでの問い合わせや、実際に来院した際の雰囲気や対応を見て、不安なく手術が受けられるクリニックであるかを確認しましょう。パートナーの同意書の問題や中絶前後の体調サポート、メンタル面でのケアまでサポートしてくれるところが見つかると安心です。

医師

時期による手術法の違い

東京で中絶を行う場合、12週を境に手術法が異なり、母体への負担の大きさや入院の必要の有無も異なってくるので時期には気をつけましょう。健康保険は適用されないので全額自己負担となるため、入院費がかかるかは重要な問題です。

詳しく見る

診察

12週未満と12週以降

妊娠中に病気に感染してしまった時や、家庭環境が整わないなどの理由で中絶手術する必要が生じることもあります。日本で施術するなら大きく分けて、12週未満か12週以降という時期の違いで施術方法も変わってくるのです。一般的な病気と同じく早い段階で処置をすると、身体的な負担も最小限でできます。

詳しく見る

看護師

時期や手続き費用の確認

東京で中絶を受けるにはまず期間に気をつけなければなりません。妊娠から22週を過ぎると中絶できなくなるので気をつけましょう。また、原則として配偶者やパートナー、保護者などの同意がないとできません。クリニックを探す際には母体保護法指定医がいるところを探しましょう。

詳しく見る

診察

痛みや出血を抑えた手術

様々な理由から妊娠を継続するのが難しい場合は、専門クリニックで中絶手術が受けられます。丁寧な診察やカウンセリングが受けられるので、最適な方法を提案してくれます。地元で評判の高い専門クリニックを受診しましょう。

詳しく見る