育児の問題と体の問題

病院

本人の希望と母体保護

子供はコウノトリが運んできてくれるとの言い伝えがありますが、もちろん現実にはありません。男女間に一定の行為がなされて妊娠をしたとき、初めて子供ができます。婚姻関係のある男女の間にできる時もあれば、それ以外の関係でできる時もあります。妊娠が分かればその後に取る行動として一定の選択をしなくてはいけません。多くの人はそのまま妊娠を続けて出産を考えるのでしょうが、いろいろな事情で出産後に育てられないときもあるかもしれません。妊娠をしたときに、その妊娠した状態を解消する手術が中絶手術になります。妊娠中のどの時期にも行えるわけではありませんが、日本では妊娠21週目までに妊婦側の申し出によって中絶手術が行えます。経済的理由で自分で育てられないとしても、養子縁組などを希望する人がいるかもしれないので十分熟考した方が良いでしょう。それ以外にも中絶手術が行われるときがあります。妊婦の体に病気があるとき、退治に病気があるときなどです。妊婦や退治に病気があるときは、医師などから妊娠21週目までにいろいろな提案をしてもらえます。生まれてくる子供が重大な病気を持って生れると、育てるのも大変ですが子供も大変です。また妊婦に重大な病気があり妊娠が負担になるときなどに中絶手術の提案がされるときがあります。あくまでも妊婦などの判断にゆだねられます。妊娠22週以降は妊婦の判断では行われず、医学的な見地によって医師の判断で行われるときがあります。